デリヘルとは

日々の疲れをいやすために行われる飲み会。
女性同士であれば女子会などと称されるようにひたすら日々の愚痴などのトークに花を咲かせることでしょう。
一方、男性同士で行われる飲み会は大いに会話が盛り上がることはもちろん、二次会を開催し、女性とも会話を楽しみたいという方が多いのではないのでしょうか。
そんなときに行きたくなるのが女性と遊びなどを楽しめるデリヘルなどのお店です。
デリヘルをうまく利用することで日々の疲れをうまくリフレッシュすることが出来たり、非日常な時間を過ごすことが出来たりするようになるのです。
料金のシステムやお店の雰囲気などわかりづらいことが多いですが、一度学んでおくといつの日か役立つ日がきっと来るはずです。

それではまず、デリヘルとはどういうお店なのでしょうか。
デリヘルでは基本的に客一人に対してデリヘル嬢一人がついてくれて、横に座って一緒に楽しむことが出来ます。
他にも隣でお酒を作ってくれたり、タバコに火をつけてくれたり、様々な細かいサービスが受けられます。
サービスをしてくれるデリヘル嬢は基本的にはきらびやかなドレスなどの衣装を着ている場合が多く、会話のみならず、その美しい姿を見て楽しむこともできます。
当然、そのようなサービスには安くないお金がかかりますので一般的な料金の体系はどうなっているのでしょうか。
料金のシステムは時間制であることが多く、そのほかにオプションやサービス料、好みのデリヘル嬢がいる場合は指名料、そしてデリヘル嬢のための指名代などが発生します。
これらを合計したものが支払う料金になるのですが、システムの料金はお店によってピンからキリまで大きな幅があり、支払う代金も大きく変わってきます。
一般的に相場として1時間程度の滞在で最低1万円程度はかかるということを念頭に置いておくといいかもしれません。

似たようなサービスのお店としてはピンクサロンというものが存在しますがこれら二つのお店には大きな違いがあります。
デリヘルはお客の隣でいわば「接待」をしている仕事。
一方でピンクサロンはその名の通り「ピンクサロン」ですからサロンとしてのサービスどの提供をすることが仕事となっています。
このようにお店の女性が隣まで来てくれるのかそうでないか、というポイントで両者の区別がなされています。
ピンクサロンの方が基本料金が安くなっているケースも多いですが、ピンクサロンで受けることが出来るサービスと比べるとやはり差が生じるようです。
また、法律上の営業形態も異なっていて、その影響でデリヘルは午前0時から日の出までの深夜は営業できなく、ピンクサロンは深夜の営業が可能になっています。